ジョレン2

イメージ 1
こないだ買った鋤簾。

これだけでもサクサク砂は掻きだすことができるんですが、

知り合いに頼んで刃先をグラインダーでさらに鋭く。
イメージ 2

良い感じに刃先を研いでもらいました
イメージ 3

昨日はコレ持って職場の同僚とマテ貝リベンジ。
イメージ 4

うん、うん、サクサク掘れる♪


良い具合にマテ貝の穴を探せるようになりました

昨日は2人で100匹ほどマテ貝ゲット。

一晩砂抜きしまして、今夜は同僚呼んでマテ貝&海鮮パーチーしましょうか
イメージ 5

追記
イメージ 6

イメージ 7
こないだ釣った烏賊は天日干しにして。。。

マテ貝以外に海老やアサリを買ってきて
イメージ 8

夜は同僚らが5人ウチに来まして七輪パーチーしました。
イメージ 9

他にもこないだ釣ったメバルを煮付けにしたり、アヒージョやブイヤベースも作ったんですけど、
が入りすぎて肝心の写真撮るのすっかり忘れてました
スポンサーサイト



ジョレン

イメージ 3
昨日もまたマテ貝採り(潮噴き盗賊)に行ってきました
盗賊を名乗っていますが、盗採ではありませんのでご安心を。
コチラの地方では、春の大潮となるとこぞってマテ貝採りに潮干狩りへ繰り出すのが風物詩となっています。
今年のマテ貝は例年になく身がふっくら大きいのが多いんだと。

思い起こせば5年前に初めてマテ貝採りに行った時は、プラとアルミで出来た溝浚いが軽くて楽だろうと購入したんですが、うまく砂を掘る事が出来ず四苦八苦しました
イメージ 1

翌年には掻き板でリベンジしたものの、柄と刃が直角のため今度は掘れても広範囲に掬えないことが分かりました。
イメージ 2

そこで鍬を購入しリベンジに挑んだ前回。
イメージ 4

上手いこと砂が掬えます
イメージ 5

だがしかし、名人クラスとなると何やら見かけない道具で効率よく砂を掬っています。

尋ねると鋤簾(ジョレン)という水が溜まった水路などから泥や砂を取り除く道具とのこと。鍬に似るけども刃先の後ろに、すくい上げがカンタンなように湾曲して縁取りが付いています。
どこに売ってますか?と尋ねるも最近は売ってないんだよね~と
確かに周りを見渡しても持ってらっしゃる方のジョレンは年季が入っているものばかり。前回のマテ貝採りのあと、コ○リやホームセンターを回るもありません
今回も自分の鍬を持ってマテ貝採りに来た次第でした。ところが今回、真新しいジョレンを持っている方に遭遇
ハナシを聴くと○○金物店に一点だけあったのを買ったよと。そしてもしかしたら△△センターにもあるかもよと教えられました。ありがたい情報です。
そして・・
イメージ 6
鋤簾ゲットぉ〜

次回の大潮は5月中旬。今度は職場スタッフ引き連れてマテ貝採りに行ってみたいと思います

ちなみに。。。ジョレンには農具と漁具の2種類あって、漁具のジョレンは労せずして大量の漁獲が得られるため各県の条例や漁業調整規則で禁止漁具とされている場合があるそうです(例として愛知県、三重県)
イメージ 7



潮吹き盗賊

この時期、大潮ともなると盗賊が多く出没する。
イメージ 1

私も盗賊7つ道具の一つを新たに購入して、稼業にのぞむ
イメージ 2

潮の引いた干拓地のあちこちで同業者が稼業にを出す。
イメージ 3

私も遅れをとらないよう急がねば。
イメージ 4

向こうは夫婦で盗賊だ。
イメージ 5

新しい道具で早速私も。
イメージ 6

この稼業、「塩」が必需品だ。掘り起こして見つけた「穴」に塩を一摘み。
イメージ 7

どぴゅッ!と潮吹き出てきたとこを、
イメージ 8

一気に抜きあげる!
イメージ 9

写真では何が起こったか分からなかった諸君に動画で公開しよう

ややッ!盗賊達がいっきに増えたぞ!
イメージ 10

コチラはベテラン稼業のお頭(かしら)。赤い手袋がトレードマーク。
イメージ 11

やっぱ手際がよい。

今宵は稼いだ一品と共にささやかな祝宴
イメージ 12

(注;ホントに盗採しているわけではありませんよ。ここは天然のマテ貝掘りの干拓地です。だれでも採取可能です

潮噴き盗賊


 
今日は風は強いがピーカン
の良いお天気。
 
同僚二人を誘って干拓地に潮干狩りに行ってきました。

 
狙うは・・・・・

 
マテ貝!

 
この貝は面白い性質を持っていて、塩をふると・・・・・ドピュと噴き出すんです
 
 
初めてでも簡単にマテ貝ゲット

 
慣れてくると連チャンでゲット

 
一時間もしないうちに沢山のマテ貝が

 
今晩の我が家はマテ貝のバター炒めがメインディッシュ

 
潮噴き盗賊、やってみませんか?

またまたマテ貝

午後から、仕事が休みの同僚らと干拓地へ行ってきました。
イメージ 1
 
いま流行の鍬ガールです(笑)
イメージ 2
 
掘った穴に塩を入れると・・・
イメージ 7
 
にょっきり
イメージ 6
 
なかなか良いサイズのマテ貝じゃないですか~
 
イメージ 3
 
マテ貝採りのピークはゴールデンウィークでした。
 
今日は平日なんで人は少なかろうと思ってましたが
 
大潮のためか結構な人数がマテ貝採りに干拓地に来ていました。
 
5人での釣果(?)はこの通り
イメージ 4
 
もちろん夜は採れたて新鮮なマテ貝と
イメージ 5

マテガイについて

昨日、マテ貝を記事にしたんですけど、
 
意外とマテ貝ってメジャーではないんですね(^^ゞ
 
ならば補足で記事を少々^^
 
百聞は一見に如かず。
 
まずはオイラが獲ったところを動画でご覧ください
 
 
ね?面白いでしょ?!
 
マテ貝って塩分濃度に敏感らしく、
 
塩を入れると飛び出してくるんです^^
 
それをタイミングよく捕まえて、ゆっくり引き抜きます。
 
あんまりチカラを入れ過ぎると、ちぎれるので注意します。
 
コツさえ掴めば、誰でも簡単に獲ることができます^^
 
オイラも小一時間でこの通り。
イメージ 1
あらかじめ汲んでいた海水に浸しておけば、
 
充分に砂を吐き出してくれます。
 
んで、調理なんですが、茹でてよし、焼いてよし
イメージ 2
オイラは炭火で焼いたり
 
イメージ 3
フライパンでバター焼きにしてみました。醤油をたらせばまた旨い
 
イメージ 4
他の食材とあわせてもグー
 
あんまり火を通し過ぎないのがコツです。
 
味は独特の風味・旨味があってビールによく合います
  
う~む。。。みんなにこの味、分けてあげたいなぁ~。

潮噴き盗賊

絶好の“おつとめ”日和である。
 
海苔養殖が盛んなここの干拓地。
イメージ 1
 
ド干潮ともなれば・・・・
イメージ 2
 
「潮噴き盗賊」が大挙してやって来る。
イメージ 3
 
みんな、こぞって干拓地に降りていく。
イメージ 4
 
そして、先を争うようにお宝を掘り出す。
イメージ 6
 
この稼業、塩と鍬が必需品。
イメージ 11
 
盗賊駆けだしのオイラもこの通り。
イメージ 5
 
まず鍬で鋤いて穴を見つけるべし!
イメージ 7
 
穴に塩を入れ、しばし待つ!
イメージ 8
 
ピュッと潮を噴かせた時がチャンス! 
イメージ 9
 
慣れれば三連チャンでピュッピュッピュッと。
イメージ 12
 
小一時間で40匹ほどのお宝を盗掘出来たゼ。
イメージ 10
 
ヒヒヒ
今宵は旨い酒がすすむ
イメージ 13
 
〆はマテ貝の醤油バターパスタ。
イメージ 14
プロフィール

烏賊莉屋長介

Author:烏賊莉屋長介

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる