サイフォン

家呑みをイカりや亭でよくするんですが、いつもアルコールばかり。

ハンドルキーパーの方々へのおもてなしが、なってませんでした。

そこでコーヒーミルとサイフォンを買ってみました。
イメージ 1
珈琲豆を挽いて‥‥

アイフォン(iPhon)でサイフォン(Siphon)の動画を撮ってみます

部屋中に珈琲のアロマが漂います

イメージ 2
次に誰かがイカりや亭に来た時は、これでおもてなしはバッチリかな

スポンサーサイト



時短スモーク

ふと、ウッドチップを使ってスモークをやりたくなったので挑戦してみました。
イメージ 1
食材は手羽先、手羽元に
イメージ 2
塩シャケ、豚スペアリブ。
イメージ 3
それに丸網を2サイズ買って来て、
イメージ 4
ダッチオーブンで時短スモークやってみます。
イメージ 5
時短のため、最初に肉類を味付けがてら煮て、火を通します。
イメージ 13
家にあった卵も茹でて煮汁で味付け。
イメージ 14
ダッチオーブンにアルミを敷き、ウッドチップとほんの少しのザラメを加えます。
イメージ 6
あとは嵩のあるものから順番に並べて、
イメージ 7
3段重ね
イメージ 8
これを火にかけます。
イメージ 9
煙がでてきたら、蓋をして20分。
イメージ 10
うんうん、良い色付き
イメージ 15
やっぱ、スモークチップなら短時間でいい具合に燻すことができます。
イメージ 11
お味は。。。。
イメージ 12
うーん、少し味が薄かった

今後は如何に味を沁み込ませることが出来るかが課題ですね

R-1量産計画

前回、自家製のヨーグルトを初めて作ってみました。
イメージ 11
前回は液体タイプのR-1ヨーグルトを使用したんですが、作製手技が慣れてなかったせいか、少しゆるめのヨーグルトが出来上がりました。
イメージ 1
そこで、色々と情報をあつめて第二弾。R-1ヨーグルトはインフルエンザや癌に効くってウワサされてますが、果たして本当なのか?この辺りも調べてみます
イメージ 10
明治のR-1ヨーグルトは特許が公開されてますので、公開されている文書を見てみます。http://www.itdc-patent.com/topix_news/2005-194259.pdf
それによると「Lactobacillus bulgaricusOLL1073R-1株 (FERM P-17227)から得られたリン酸化多糖類は優れたNK細胞活性化能を有していることが明らかになった。本発明のリン酸化多糖類は安全性に優れ、その上NK細胞活性化効果が高いことが確認され、優れた免疫賦活用飲食品及び/又は医薬品を提供することができる。したがって、本発明によりインフルエンザなどの感染予防、癌の予防、進行の防止などが可能となった。」と書いてあります。ウワサは本当だった!
イメージ 2
今回は固形タイプのヨーグルトに、オリゴ糖を入れてみました。オリゴ糖は整腸作用があるってよく言われますが、これは腸内の善玉菌を活性化させるってことらしい。オリゴ糖が乳酸菌の餌となるってことか。
イメージ 3
固形タイプのR-1ヨーグルトとオリゴ糖をよく混ぜて・・・
イメージ 4
前回は液体タイプのR-1ヨーグルトだったんで、注ぎ込むことができたんですが、今回は注ぎ込めないので、牛乳パックの開け口を大きくして中に固形のヨーグルトを落とし込みました。
特許文書をさらに読み進めてみますと
多糖産生乳酸菌を利用した発酵乳の作製NK活性上昇作用を有する酸性多糖体を産生する L.bulgaricus OLL1073R-1を用いて発酵乳を作製した。生乳、脱脂粉乳、砂糖を使用し、SNF9.7%、FAT3.05%、砂糖3.0%に調製した溶液(以下発酵乳Mix)にL. bulgaricus OLL1073R-1、S. thermophilus OLS3059(FERM P-15487)をスターター菌として加え、43℃で発酵を行った。酸度0.7で発酵を終了し、4℃で1日保存することで最終酸度0.78となった。」と書いてあります。
そこで43℃、12時間発酵させてみます。
イメージ 5

12時間後

イメージ 6
お⁈ 豆腐みたいに固まっているゾ!
更に冷蔵庫で10時間冷ましたのち、実食!
イメージ 7
うんうん^^前回よりいい感じ♪
イメージ 8
味も市販のブルガリアヨーグルトに近い感じの出来上がりになりました
イメージ 9
R-1ヨーグルトは1ケ130円です。
私自身、ほぼ毎日ヨーグルトを食べてますんで、130円×30日で月に3900円。。。
今回1000mlの牛乳にR1ヨーグルト1ケ(125ml)をいれて1125mlのヨーグルトをつくることが出来たってことは、1125ml÷125mlで9ケ分のヨーグルトがつくれた計算になります。
このヨーグルトメーカーは4380円で手に入れたんで、2ヶ月ヨーグルトつくれば、しっかり元は取れますね♪

ヨーグルトを作ってみた

でわでわ、早速ヨーグルト作りやってみましょー
イメージ 1
ヨーグルトのタネには一本130円もする明治のR-1ヨーグルトを使用。

牛乳パックにそのまま入れるから容器が不要だし、雑菌も混じりません。
イメージ 9

付属のながーい柄のスプーンでよくかき混ぜます。
イメージ 2

蓋をして・・
イメージ 3
ヨーグルトは菌種によって温める温度や時間が変わるそう。

このヨーグルトメーカーは細かく温度設定や発酵時間を設定できるスグレモノ。

R-1でヨーグルトを作るには43℃で12時間がベストらしい。
イメージ 4
さぁ商品のようなヨーグルトになっているか楽しみ~

12時間後...

イメージ 5

おぉ~蓋に水蒸気が!発酵している証拠でしょうか?
イメージ 6
おそるおそるパックの蓋を開けてみると・・・

出来てるぅ~♪
イメージ 7

すこ~し、ゆるいヨーグルトの完成でした。
イメージ 8
これを朝まで冷やせば、若干固まるでしょうか?

これから色んなヨーグルトで試して行きたいと思います。

市販のヨーグルトが4倍から5倍に増やせます。

こりゃすぐに元を取れそうです(*´艸`*)

大王いか(?)のバター焼き。

イメージ 2

クリスマス・イブの昨日、富山市の港でダイオウイカが生きたまま見つかったってニュースで言ってましたね!
しかし、私は地元のスーパーの鮮魚売り場で大王いかを見つけました

イメージ 3
バター焼きに!大王いか(加熱用) ¥163+税
さっそく夕食でバター焼きにしちゃいました
イメージ 1
お味は・・・
よく言えばコリコリ、わるく言えば堅い
しかし、ホントに大王イカかな、これ
みなさんは、何イカだと思います

包丁と砥石

 
自分で釣った魚を捌いて、振る舞うってのは釣り人冥利に尽きるんですが・・・
イメージ 1
 
イメージ 8
 
実はオイラ、刺身をあまり上手に引けないんです(^^ゞ
 
いや、捌くのでもアラの方に身が付いてしまって・・・・・
 
イメージ 10
 
イメージ 12
 
やっぱり三徳包丁じゃなくて、もう少しきちんとした包丁が欲しいと思うようになりました。
 
ネットにも沢山のおススメ包丁が氾濫しております。
 
良い包丁は一生ものともいいますし、手入れもしっかりやりたい。
 
そこで、包丁と砥石を買う前に、包丁の種類や選び方、更には包丁の研ぎ方を学ぼうと思いました。
イメージ 1
 
まずはじっくりこの本読んで包丁の知識を得てから、買おうと思います^^
 
みなさんは包丁は何を(どこの)お使いですか?^^

その後のヒラスズキ

 さぁ、釣ったはいいものの、捌くには台所のシンクは狭い。
 
のんきちさんも魚拓とったほうがイイ言うし、しばし思案。
 
思いついたのが、軒先での解体。
 
まずは塩をたっぷり振ってぬめりをとります。
イメージ 1
 
ほんでサッと墨を塗り
イメージ 2
 
手早く魚拓をとります。
イメージ 3
 
夕方にはお客さんが来るので、大急ぎで三枚に捌きます。 
イメージ 6
 
海の神さんに釣らせてもらった魚は余すところなく使うのがイカりや流。
イメージ 4
 
もちろん内蔵だって。
イメージ 5
 
まずは刺し身。 肉厚に切ってコリコリモチモチを堪能^^
イメージ 8
 
それからソテーにしたり
イメージ 9
 
カブトとカマは塩焼きにしたり。 
イメージ 10
 
ユウちゃんおススメのシャブシャブもやってみます^^
イメージ 11
 
そうそう内蔵だって・・・・
イメージ 12
 
美味しく頂きました♪
イメージ 13
 
肉厚のもっちりとしたヒラスズキの コース料理を堪能して、みんな満足萬象p≧▽≦q
イメージ 7

釣り納めと蕎麦

いや~今年の師走は何かと忙しくてブログ更新が滞っちゃってしまいました(^^ゞ
 
みなさん、お元気ですか?
 
さてオイラはというと、正月用のブリを狙って出撃してきました。
イメージ 1
雨に耐え、風に耐え、寒さに耐えて鯵を泳がせてきましたが。。。。。
 
遂に心が折れました_| ̄|○
 
2012.12.30烏賊莉屋、これにて釣り納めとさせてもらいます(^^ゞ
 


 
さて、釣りからの帰り道、物産館でこの時期恒例のものを買って帰りました。
イメージ 2
 
100%蕎麦粉だけで打った田舎蕎麦に
イメージ 3
 
干し椎茸に
イメージ 4
 
地元で獲れた海老を加工した焼きえび。
イメージ 5
 
それから島ミカンとその皮を乾燥させた粉。
イメージ 6
 
さっそくこれらの食材でレッツ クッキング。
イメージ 7
 
まずは干し椎茸を水で戻します。
イメージ 11
 
程良く出汁が出たとこに更に焼きえび投入。
イメージ 8
 
火をつけ、薄口しょうゆ、みりん等で味をつけます。
イメージ 9
 
普通なら沸騰するまえにダシは取り出すんでしょうけど・・・.
イメージ 12
 
そのままグツグツと煮出します。
イメージ 10
 
 そうして椎茸や海老といったダシがそのまま具になります。
イメージ 13
 
島ミカンの皮の粉を薬味にして、いっただきまーす! 
イメージ 14
 
食後のデザートはもちろん島ミカン。
イメージ 15
こつぶだけど香りが高いんですよね。
 

今夜から大荒れのようですが、オイラ深夜から仕事なのでこの辺で^^
 
元旦も夜勤です(^^ゞ
 
今年もみなさま、お世話になりました。
 
来年こそは景気が上向きになれば良いですね~^^
 
それでは 良いお年を(^O^)/

その後のメジロ

さぁさ、昨日釣ったメジロをメインに捌いてみます^^
イメージ 1
 
まずはサビキで釣った鯵。 
イメージ 2
 
開きにして。。。。
イメージ 3
 
たて塩に浸けて。。。
イメージ 4
 
今日一日干してみます。
イメージ 5
 
一夜干しならぬ一昼干し。
イメージ 6
 
さてさてメインのメジロの方ですが。。。。
イメージ 7
 
とぉっても中骨に身が付いたアラは大根と一緒に
イメージ 10
 
いわゆる「ブリ大根」ですな
イメージ 11
 
内蔵はというと。。。 
イメージ 8
 
ショウガと一緒にさっと湯通し。
イメージ 9
 

一夜明けた本日。
 
まずは珍味の内蔵盛り合わせ。 ポン酢でいただきます^^
イメージ 12
奥に見えるのは刺身です^^
 
こちらは一晩かけてじっくり味の沁みたブリ大根^^
イメージ 13
 
そうそうカマも忘れちゃいけません
イメージ 14
 
七輪でいい色に焼けました
イメージ 16
 
それから干した鯵もいい塩梅だったみたいで^^

 
嬉しいことにみんながつついてくれます^^
イメージ 15
 
 
ほどよく脂の乗った師走の天然寒ブリならぬ寒メジロ、みんな満足して食べてもらいました~
イメージ 17
 
こりゃ、しばらく青物釣りにハマりそう^^

あご肉

あご肉って知っています?
 
鹿児島神宮そばの有馬精肉店でしか手に入らない珍しい部位の豚肉です。
 イメージ 6
 イメージ 7
 
注文するとおばちゃんがその場でニンニクをすりおろして味付けしてくれます。
イメージ 8
 
今回はそのあご肉2キロ買って帰りました。 
イメージ 9
 
 イメージ 2
 イメージ 3
 この赤身があご肉。                    それからタンに
 イメージ 4
 イメージ 5
 胃袋                             小腸。
 
まずは脂身で鉄板に脂を敷き・・・・
イメージ 10
 
あご肉を裏表焼きます。
イメージ 11
 
豚ってあごのまわりの筋肉をいつも動かしているからか、めっちゃ柔らかいんです。
 
おばちゃんの味付けも絶妙! ビールも進む進む(≧∀≦)
 
あっという間に2キロたいらげちゃいました(^^ゞ
 
鹿児島神宮にお立ち寄りの際は是非!有馬精肉店のあご肉を(^O^)/
 
 
イメージ 1
プロフィール

烏賊莉屋長介

Author:烏賊莉屋長介

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる